働き方改革について

「働き方改革」は、働く方々が個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を自分で「選択」できるようにするための改革です。

​日本が直面する「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」、「働く方々のニーズの多様化」などの課題に対応するためには、投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境をつくることが必要です。

​働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現することで、成長と分配の好循環を構築し、働く人一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指します。

​年次休暇5日取得
 

年次有給休暇は、働く方の心身のリフレッシュを図ることを目的として、原則として毎年5日、労働者が請求する時季に与えることとされています。

時間外労働の上限
 

長時間労働は、健康の確保を困難にするとともに、仕事と家庭の両立を困難にし、少子化の原因や、女性のキャリア形成や男性の家庭参加を阻む原因となっています。

同一労働同一賃金

同一労働同一賃金ガイドラインは、正規か非正規かという雇用形態にかかわらない均等・均衡待遇を確保し、同一労働同一賃金の実現に向けて策定するものです。

熊本働き方改革推進支援センター

お電話でのお問い合わせ

受付時間 9:00~17:00

月〜金(祝日・年末年始除く)

FAXでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

hatarakikatakaikaku@sr-kumamoto.or.jp

© 熊本働き方改革推進支援センター

bn_kumamoto-roudoukyoku.jpg