​年次休暇 5日取得

年次有給休暇は、働く方の心身のリフレッシュを図ることを目的として、原則として、労働者が請求する時季に与えることとされています。しかし、同僚への気兼ねや請求することへのためらい等の理由から、取得率が低調な現状にあり、年次有給休暇の取得促進が課題となっています。

​このため、今般、労働基準法が改正され、2019年4月から、全ての企業において、年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者(管理監督者を含む)に対して、年次有給休暇の日数のうち年5日について、使用者が時期を指定して取得させることが義務付けられました。

より詳しい内容は厚生労働省ホームページ「働き方改革特設サイト」をご覧下さい。

熊本働き方改革推進支援センター

お電話でのお問い合わせ

受付時間 9:00~17:00

月〜金(祝日・年末年始除く)

FAXでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

hatarakikatakaikaku@sr-kumamoto.or.jp

© 熊本働き方改革推進支援センター

bn_kumamoto-roudoukyoku.jpg